φ5000まで対応可能な二分割式推進管「組立式超大口径推進管」

φ5000まで対応可能な二分割式推進管

これまでは、建設する管路の内径が3,000mmを超えると推進用ヒューム管では運送が困難となり、その施工延長にかかわらず、シールド工法が採用されてきました。
しかし、推進管を分割して製造し、現場で組立てることができれば、内径3,500~5,000mmの管路を推進工法により建設することが可能となります。
詳しくはこちら

最新記事